大学で統計学を学ぶ

赤色のスマホを持っている男性

データサイエンティストの求人募集は最近見る機会も増えてきましたが、まだまだ新しい仕事ということもあり、全体的な人口は相当少ないです。
まだデータサイエンティストとして活躍している人は1000人程度しかいないと言われており、人材不足であることは否めません。
しかし、今後重要になってくる仕事であることは間違いなく、ビジネス成功の鍵を握っている立場でもあるのです。
では、データサイエンティストになるためには、どう準備を進めていけばいいのでしょうか。

まだ新しい仕事ということもあり、専門的な教育機関というものはほとんど存在しません。
そのため、「データサイエンティストになるための講義」というものを受ける機会はほとんどないでしょう。
しかし、データサイエンティストにつながる勉強をおこなうことはできます。
それが統計学です。
データ分析を主な仕事とするデータサイエンティストでは、統計学を学んでいるかどうかでも大きな差が出てきます。
どのタイミングで目指すことを決めるかにもよりますが、オススメは大学生活の中で統計学の講義を受講しておくことです。
大学ではさまざまな専門分野の講義を受けることができ、統計学を学ぶことも可能です。
大学生活中に統計学をある程度マスターしておけば、今後データサイエンティストになるための準備をしていくなかで、大きなアドバンテージとなるはずです。
実際に、現在データサイエンティストとして活躍している人たちの多くは、大学もしくは大学院に在籍し、統計学の講義を受講していたと聞きます。
大企業の求人で募集されていることが多いこともあり、「大学卒業」という肩書目当ての人もいるようですが、ここで統計学を学んでいるかどうかでも差は出てくるのです。